積みゲー崩しと備忘録のようなもの

ひたすらゲームの感想を残すブログ

きみのためなら死ねる を遊んだ。

積みゲー消化。

妖しいタイトルとパッケージ絵だな~と思っていましたが、内容もなかなか不思議だった。

 

キャラクターはみんなコ〇ンの犯人みたいな黒塗りシルエット。

主人公の男性が街中で一目惚れした女性の気を引くため、パフォーマンス集団ラブラビッツに入団してパフォーマンスをする というストーリー。

 

ゲーム内容はDSの機能を活かしたちょっとしたミニゲーム。

任天堂DS本体と同時発売のゲームだから、それほど複雑な操作も特にありません。

……DSと同時発売か~。もうDSが出てきてから13年も経ってるなんて嘘みたい。

 

……『キレイキレイ』の時に流れるあのコの声が悩ましくて焦る。これはイヤホンするか音量ゼロにするかで遊ばないとダメですね。

 

メイドインワリオの時も思ったけど、私はどうもボーリング系のミニゲームがめちゃくちゃ苦手っぽいです。

タイミングを合わせる合わせない以前にまずピンが全部倒せない……。

『バスストップ』10回くらいやり直してしまいました。

 

 

買い物カートに乗って坂道から駆け下りるとか、車の走る道路を使って人間ボーリングしてみたりとか、一輪車に乗ったままビルからビルへ飛び移るとか……

いくらパフォーマンス集団でもここまでやらないだろwwと思ってしまうのですが、海外のパフォーマーやYoutuberにはたまに近いことやってるような人も居ますよね。

だから一応、タイトル画面の前で『絶対に真似しないでください』と出さないといけないのかな……ʕº̫͡ºʔ

 

あのコ の顔も何も見えないのにだんだん可愛く見えてくる不思議。

スタイルいいし動きもいちいちセクシーで可愛い。

離れないように手を繋いでハートのゲージを溜めるの、なんとなくラブプラスを思い出しました。

 

ピーチ姫並みにさらわれるあのコ。笑

 

私が下手なだけだとは思うんだけど、ボス戦はどれも結構難しかった。

何度もやればコツは掴めるけど単調だからちょっと飽きはくるかな。

 

 

「きみのためなら死ねる」ってそっちか~!!

 

 

とりあえずストーリーは終わったのでここで区切りということで。

謎めいたタイトルとパッケージからは想像もつかないような内容で面白かった。

おしあわせに。