積みゲー崩しと備忘録のようなもの

ひたすらゲームの感想を残すブログ

プロジェクトハッカー 覚醒

最近はゲームばかりしてます。

数年にわたって買うだけ買って放置してた積みゲーがめちゃくちゃたくさんあるので、とりあえずやり込みよりストーリーをサラッと遊んで次のゲームへ というもったいない遊び方をしています。

プロジェクトハッカー 覚醒

 

積みゲー消化。

クリアしたので箇条書きで感想。

 

 

・リナちゃんの立ち絵は妙にガタイが良いけど、ファミレスで話してる時の絵は普通にかわいい。

 

・文章がいちいち下からちまちま表示される表示方法が最初はちょっとくどくて嫌だったものの、慣れればどうということもない。

 

・ストーリーの途中でネカフェに立ち寄るシーンがあるんだけれど、実は私はネカフェに行ったことがないのでテレビドラマで観るような薄暗い個室の空間だとばかり思っていたからゲーム内のネカフェのオシャレさにびっくりしました( ˇωˇ )意識高い図書館みたい。

 

・ホームページ内のリンクが全部作り込まれてるのもすごいなと思いました。

こういうの、関係ない記事まで追いかけて見たくなってしまうタイプです。

 

・1回サトルが捕まってしまった時に、手足を縛られた状態で会社の中に監禁されてましたが せっかく捕まえたサトルをすぐ始末しない黒服優しいな……と思ってしまいました。そこでモタモタしてるから逃げられるんだよ……。

 

・ちょっと娘のふりして頼んだだけで青山の自宅の鍵を貸してくれるオートロック式のマンションの管理人が一番ヤバイ気がする。現実にこんな管理人がいたら嫌すぎる。

 

・青山の部屋を素手でめちゃくちゃにできるリナちゃんつよすぎない??

 

・ミスヅさん、綺麗で好きだなあ。

 

・見たことない奴=不審者扱いってどうなんだw

 

・普通に働き始めてるし、入って1週間くらい経つみたいだけどこの2人大学生じゃなかったっけ……。

 

・と思ってたらその後に出てきたGIS解析室所属のケイちゃんはJKだった。

 

・ボカシ取りツールとかいう科⚫研の女もビックリの代物が出てきたww

 

・大河内警部補のキャラデザが好き。ガタイがよすぎる気もしなくもないけれど。

 

・大学生ふたりに簡単に論破されてしまう大河内警部補……。

 

・人が死んでるのに、相手が政財界に顔が利くってだけの理由で捜査令状出せない警察ヤバすぎない??

 

・大葉のSP、なんでこんなホスト崩れみたいな出で立ちしてるんだろ

 

・大河内警部はキャラも良い。好きな感じです。

 

・いくら容疑者だからって小学生の男の子の部屋にコソコソ入り込んで調査するの嫌だなあ。警察みたいに礼状取って正式に調べれないんだろうか、GIS……。

 

・あれだけ縦社会体質の警察なのになんで大河内警部は部下(小林刑事)にこんなボロクソに言われてるんだ( °_° )

 

・コンピュータウイルスって捕獲するものだっけ(??)

 

・完全にチートキャラ並の性能を誇るケイちゃんが作ったワクチンにさえ対抗するウイルスを「俺に解けないコードはない!」で駆除してしまう主人公

 

・たとえ1年前に作られたカルテであっても現在も入院中の患者と通院中の患者以外のカルテを処分するなんてロックすぎるなこの病院。治療が完了したり死亡したりしても5年くらい残すものなんじゃないのか…。

 

・院長たしかに怪しさ満点だけど、か、勝手に部屋を漁るのはアカンやろ主人公とヒロイン…こいつら本当に容赦ないな お前らが捕まるぞ

 

・きちんと捜査したらすぐにバレる嘘をつかれまくるのが地味にイラつくぜ( ˇωˇ ) 主人公たちGISといえども大学生の若者だからナメられてるんだろうか

 

・調査に必要だって言ってるのに「持ち帰っていいのは病院のパソコンだけだよ、ついでにほかのパソコンはこれから解体するから早くしてね」と言われてしまうGIS……。警察の捜査だったらこうはいかないだろうに

 

・奈々ちゃん、武藤看護師長に色々叱られてて落ち込んでたのに「武藤看護師長の帰りを待ってる」って良い子だな…。適切に叱られる事自体はもちろん悪いことじゃないんだけどさ。

 

・ケイちゃんジェバンニと良い勝負しそう(そろそろこのネタも若い子には通じないのかもしれない)

 

・疲労着崩れケイちゃんかわいい!!

 

・バルデスは元米軍の軍人だったらしい。肩幅の広さとガタイの良さに納得。

 

・スティーブ「やれやれ、米軍基地に忍び込むなんて本来なら銃殺ものですよ」

……ですよね~。もはやGISのほうが犯罪組織です。今更ですが。

 

・「俺に解けないコードはない!」(笑)

 

・常に手袋してたり、バルデスの「内通者がいた?」発言でスティーブの正体についてはわりと早い段階で察しがついちゃってたからあまり驚きがなかったかな。イケメンだし出来れば違ってて欲しかったけど。

 

・最後のアクションめちゃくちゃ難しかった……見づらいにも程があるわ

 

 

 

総評:私はこのノリ嫌いではないです。

あとで調べてみたらキャラデザが古臭い、ヒロインが可愛くない、と散々な言われようしてた。確かにキャラデザは90年代のアニメっぽい感じだけど私はそんなに嫌いじゃないかな。むしろこういうベタな推理物のストーリーにこの絵柄は合っているような気もする。

立ち絵は確かにあまりバリエーションが無かったけど1枚絵は綺麗だし色々と凝っててよかった。

やってることはパスワード探しだけだから全然ハッカーっぽくはない、けど真面目にハッキングしようと思ったらコードの知識から学ばないといけないしこれはこれで。随所に挟まれるアクションゲームはそれなりの難易度。

 

リナちゃんについて、主人公のいない間に室内に入り込んで勝手に部屋を使用するのは確かにどうかなと思うけど、幼馴染み設定だと結構こういう家族同然のからかい方もありがちなんじゃないかな。まあ拾った他人の物を即座に警察に届けずに勝手に中身を見ようとしてしまうのは良くない……良くないけど、フィクションの世界においては結構こういうぶっ飛んだ行動を起こす子見るからなんとも言えないな。

 

↑……と思ってたらほかの事件ではサトルも一緒になって容疑者未満の人たちのパソコンを勝手に見るわ、他人に届いたメールも勝手に開くわでヒヤヒヤしたw君たちそれ犯罪ですよ!

 

Blitzが捕まらないのは仕方ないとして、ミスヅさんの過去についてもわからないまま終わってしまったのは、このゲームが発売された当初は続編を作るつもりがあったからなのかな。

発売からずいぶん年数経ってるし、続編難しいかなぁ。ちょっと気になるけど。