積みゲー崩しと備忘録のようなもの

ひたすらゲームの感想を残すブログ

fallout3

store.steampowered.com

 

 

お久しぶりです!
最近はゲームをする時間がなかなか無かった……わけではなく、fallout3に手を出してしまったせいで8月〜9月前半の自由時間の殆どをfallout3プレイに費やしておりました。
その間も訪問してくださった方がいらっしゃるようで、申し訳ないような嬉しいような気持ちです。ありがとうございます。

 

ということで(?)今回はfallout3の感想です。

fallout3はBethesda Game Studioが開発したRPGです。
日本で最初に発売されたのは2008年12月4日。
通常版→ハマってしまってDLCパッケージ版も購入 という流れです。
実は途中でPS3本体が壊れてしまい新しいのを買いました……。

残念ながらスクショが撮れなかったので、今回は文字のみダラダラと書き綴っております。毎度のことながら読みづらくてすみません。

 

 

あらすじ

 

西暦2077年に起きた核戦争によって荒廃した世界。
核シェルター『vault』の中に入居することができた一部の人間たちはそこで生活を営み、いつしか地上に出ることも無くなった。
主人公もシェルターの一つである『vault101』で生まれ育ち、父親や友達と穏やかな日々を過ごしていた。
ところがある日、唯一の肉親である父がvaultを出ていってしまう。
主人公は父を追ってvaultを飛び出し、荒廃した地上をさまようことになる。

主人公がvaultを出たのは2277年。
核戦争から200年もの月日が経っているにもかかわらず、未だに核の影響が色濃く残るアメリカの大地で主人公が目にするものとは……。

ゲームについて

 

武器を片手に元:ワシントンD.C(現:キャピタル・ウェイストランド)を駆け回り、父親の行方を追うことが最初の目的となります。
安全なvaultで生まれ育った主人公がまず目にすることになるのは、荒れた大地で虐殺と略奪を繰り返す人間たち・モンスターたちの存在。そして放射能に汚染された水と食物。
最初は主人公も非常に弱い存在ですが、キャピタルウェイストランドを駆け回るうちにレベルが上がり、武器の扱いが上手くなったり特殊能力を身につけたりしてどんどん強くなっていきます。
というか最終的にはもはや強すぎて人間ではないような状態になります。

 

FPSが苦手な人でも遊べるようにしてあるとのことで、V.A.T.S.という狙撃お助けシステムがあります。これが物凄〜く便利。
V.A.T.S.を使うにはAPを使用しますが、APは時間経過で回復するので慌てず対処すれば案外どうにかなります。

 

メインクエスト以外にも各所にたくさんのサブクエストがあり、クエストの解決方法はひとつではありません。
困っている人を助ける選択肢もあれば、困っている人をその場で殺して持ち物を奪い取ってお金に変える選択肢もあります。どちらを選ぶかはその時の気分次第。

 

また、旅を続けていると途中で一緒に旅をしてくれるキャラクター(コンパニオン)が見つかることがあります。
ただし、一部を除き基本的にキャラクターは村人も仲間も命はひとつしかありません。死んでしまえばそれっきり。二度と会えないので大切にしないといけません。

 

PS3版は日本で発売するにあたってかなり規制が入っている(具体的に言うと、核爆弾を爆発させるクエストが削除されていたり、人間を撃ち殺しても首や手足がもげないようになっていたりします)ようですが、生身の人間との撃ち合いやモンスターの欠損表現、廃墟に吊り下げられている肉塊や欠損遺体等、日本のゲームではなかなか見ないレベルのグロさなのである程度耐性が無いと気持ち悪くなってしまうかもしれません

 

また、フリーズやバグが非常に多いのでセーブデータはいくつか分けておいた方が良いようです。

(現在までの)感想

非常に有名なゲームらしく、SteamやPS3のおすすめゲームを検索すると高確率で名前が挙がるのを見ていました。

ただ、CEROレーティングがZ(18歳以上対象)+プレイ画面をちょっと見た感じFPSやTPSっぽい……ということで「私には難しいかもな」と考えて何年も手を出せずにいました。
結局、遊んでみたい欲が勝ったのでSteamで購入しようとしたものの、私のPCスペックでは動かない可能性もあった為身内の持っていたPS3版を拝借して遊び始めました。
いや〜 もっと早く遊べばよかった。非常に楽しいです。

 

こういうゲームはなんとなく性別を男性にしてしまうんですが、もし2周目するなら悪人プレイがやりたいので1周目は女の子にして2周目を男の子にすればよかったなあと思っています。
話がハードすぎて男女どっちでも可哀想だけど。
20歳そこそこでこんな世界に放り出され悪い大人の言いなりになるしかない主人公可哀想すぎる…幸せになってくれ……。

 

現在の状況→メインストーリークリア。DLCはOperation: Anchorage、The Pitt、Broken Steelをクリア。Mothership Zetaの途中です。

 

以下、ゲームを遊んでいた時に書いていた感想(?)を箇条書きで。
メインストーリー〜DLCのネタバレをちょっとずつ含みますのでご注意ください。

 

 

 

 

・アマタちゃん可愛い

・チュートリアルで、ブッチに対しての「何も食べてないような顔してるね。お母さんが供給券を全部酒に注ぎ込んだのかい?」って選択肢が10歳にして煽りスキル高すぎて声上げて笑ってしまいました。

・メガトンで自宅が貰えた時は嬉しかったな〜。
ずっと小学校の肉片が散らばった汚いベッドで寝ていたので……。

・方向音痴だから、って言い訳してこういうマップの広いゲームはやらないようにしていたのですが、いくら方向音痴でもさすがに時間をかければ慣れるということをGRAV〇TY DAZEとfallout3で学んだので今後は面白そうだなと思ったら広大なマップが用意されてるゲームにも積極的に挑戦してみたいなと思いました。

・リー博士の部屋に一緒に入り込んだらそのまま扉がロックされてしまい朝まで部屋の中で待つしかなくなってしまった……。部屋の中でマグカップを拾い集めて時間を潰しました。

・放射能に侵されてきて!とか重傷を負ってきて!腕とか足とか千切れてると尚良とか明るい笑顔で話してしまうモイラ、レイダーと大差ない気がしましたw
明るいサイコパスって怖いよね。笑

・ブライアンがめちゃくちゃ可愛かったです。懐いてくれた!
僕はこの街で1人で生きていくよ……などと言い始めたので必死に止めました。君多分まだ10歳くらいでしょ、無理だよこんな世界で1人って……。
ビリーがやってるみたいにメガトンの自宅で飼っ育てられたら良かったのにな。

・中盤以降は欠損遺体があるエリアに行くと「やったー!レイダーちゃんの住処だ〜」とさえ思うようになってしまった。慣れというのは恐ろしい。
※フェラルグールやスーパーミュータントやグール化した中国兵はまず見た目でダメージを負うので……(スリードッグに怒られそうな偏見発言)。
あとフェラルグールは意志を持った人間っぽいセリフを喋らず淡々と襲ってくるところも恐怖でした。

・子供は殺せないようになってるのは良いですね。
でも廃墟には明らかに子供みたいなサイズの骨が落ちてるんだよなあ……。

・アガサのラジオはスリードッグのやかましさに飽きた時に時々聴いて癒されています。本当にかわいいおばあちゃん。

・リトルランプライトのサミーがぐうかわでした。なんて良いツンデレ。
プリンセスは素敵なツンツンっぷり。泣かせてやったけどちょっと可哀想だったかな……。
それとノックノックちゃんもめちゃくちゃかわいい。やっぱり子供は子供らしいのが1番です。

・ずっとスリードッグのラジオで聴いてたから気になって探し回り、ようやくオアシスを見つけた時は感激しました。
基本淀んだ色しか無いフィールドなので緑の綺麗さが際立ってました。
中はちょっと……宗教感が強すぎてビビりましたが……。笑
ハロルドの願いを叶えたあとにバーチと話してみたら物凄くまともな人間になっていて2度びっくり。

・オールドオルニーは怖すぎました。もうすっかり冒険にも慣れたし大丈夫だろ!と思いつつ行きましたがダメでした( ˇωˇ )
下水道ではドッグミートが何度も突っ込んでいって何度も死ぬので初めて「ここは危険すぎるからvault101で待ってろ」の指示を出しました。

・ギルダーシェイドのロナルド「彼女と横になって踊りたいとか、彼女の畑を耕したいとか……思うだろ?」
主人公「へ、へんたいだー!!!!

・ロックオーポリスは攻略サイトで存在を知り、この辺りにあるよというヒントを頼りに行ってみたのですがなかなかたどり着けず……。
まさか岩が入口になってるなんて。

・アウトキャストのアジト内に入れて貰えるようになったので、他の隊員の目の前で色々な武器やら廃棄部品やらを失敬してキャスディンに持ってったら大喜びで備品と交換してくれました。いいのかそれで……。
最初はアウトキャストの傲慢な物言いにイラッとしてたけど、なんだかキャスディンさんのせいで萌え軍隊に見えてきてしまって困ります。

・テンペニータワーは和解ルートを選び、無事胸糞展開へ……(`;ω;´)
いい人も数人はいたのになあ。
お店で料理売ってるおばあちゃんとか、お医者さんとかはそこそこグールにも寛容そうだったのに。
ラジオドラマ聴いてるときの印象通り、ハーバートさんもハニートラップに弱そうなところ以外は普通にいい人そうだったし……。
一体何があったんだろう。
ベッシー・リンさんも良い人(良いグール)そうだったから結構好きだったものの、地下の遺体(バグで私は見えなかったんですけどね)について聞いた時の逆ギレに腹が立ったので射殺しました。誰があんなに大変な思いして面倒見てやったと思ってんだ。

・アンデールめっちゃ怖かったです。
まだGNRのクエストクリアする前に行ってしまったせいで電波がロストして、スリードッグの声も聴こえなくなってしまうし……。
静かなBGMだけであの町を歩くのは怖すぎました。夢に出そうでした。

・フラックとシュラプネルは仲良しすぎじゃないですかね……。付き合ってんのかな。
フラックを奴隷にしたらわざわざシュラプネルがパラダイスフォールズまで遊びに来ていたので笑ってしまいました。

・ギャロウズかっこいいなあ。声が好きです。
アーマー剥いで顔を拝見したいけどその為には殺さないといけないのでさすがに良心が咎めるな……誰か他のプレイヤーさんが殺してないかなと思って調べてみたら不死属性付きみたいですねこの人。顔みたさにうっかり撃たなくて良かった。

・エンクレイヴの拠点でネイサンに会ったのでめちゃくちゃ笑いました。
アジト崩落に巻き込まれて死んだかなと思っていたのでメガトンで普通に再会できてびっくりしましたが、真実を目の当たりにしたはずなのに全く発言(エンクレイヴ万歳!思考)が変わっていなかったのでまた笑いました。

・フォークスを仲間にしたあと、マディ・ラダーの酒場に行ってもブッチがいないなあ(※フォークス加入まではブッチを仲間にしていたので、様子を見に行きました)と思ったら何故かベル・ボニーの部屋の中にいました。
しかも会話したあと何故かそこの扉を閉められてしまうという……。笑
そこに泊まってるの??それとも盗みか何か働く気なんでしょうか、ギャングらしく。

・フォークスの声は他のスーパーミュータントと同じなので突然背後から声が聞こえるとビクッとしました。未だに慣れないです。

・意味深だったダンウィッチビル、いまいち話が見えなかったので後でググってみました。
なるほどー、クトゥルフ神話に関係あるイベントだったんですね。
クトゥルフ関連はElo〇aでちょっとネタを見たことがある程度で全く詳しくないので、よく知っていれば見た瞬間に察せたのかなぁと悔しく思いました。

・Take it Back!
リバティプライムもかっこよかったけど、リオンズプライドの面々もめちゃくちゃかっこよかった〜!!
メインクエストの中で1番テンションが上がりました。

・メインストーリーラスト、浄水プロジェクトのパスワードを入れる場面では、えっ なにをどうしろと!?状態でオロオロしていたら爆発エンドを迎えました/(^o^)\

・Broken Steel
キャピタルウェイストランドで電車に乗れるとは……(困惑)
車窓からはMr.ガッツィーが果敢に光し者と戦ってるのが見えました。

・トリスタン「スーパーミュータントを見つけたらとりあえず脳みそに弾丸を撃ち込め」
↑てめーふざけんなよ!フォークスの目の前でなんてこと言うんだ!!!

・Operation: Anchorage
モントゴメリー軍曹が頼りになりすぎる……。彼はほぼダメージを受けていなかったような?

・The Pitt
ピットの奴隷服、妙にエ……官能的な気がするんですが……。
キャピタル・ウェイストランドの奴隷ってこんな服着てませんでしたよね?

・そしてPittでは独り言・キャラ同士の会話の字幕が女性のものしか作られていないようで、そういった会話に字幕付きで聞き耳を立てているとほぼみんな字幕がオネエ言葉だったのが少し面白かったです。

・トロッグ、足が速かったり、言葉が人間らしいのには最初ちょっとゾッとしたけどやっぱりわたしはフェラルグールの方がきらいです。

 

 

おまけ 私が遭遇したバグっぽいもの。

 

・フリーズ(本編、DLC共に。……元々調子の悪かった我が家のPS3はこれでとどめをさされたのではないかなと思っています。DLCは私の場合はOperation: Anchorageが1番フリーズが酷かったです)

・拾ったタバコのカートンが全て空のウィスキー瓶に変わる

・殺してないのにパラダイスフォールズのリーダーと愛人2人が突然行方不明に……。この3人は結局、居なくなったきり二度と会えませんでした。

・殺してバラバラになったヤオ・グアイが空を飛んで崖の上へ消えていく

・ビッグタウンのスーパーミュータント襲撃イベントが起きなかったのでしばらく街を離れていたらビッグタウン住人全員が死亡

・カロン雇用の際、アズクハルに向かっていったカロンが立ち尽くしたまま動かなくなる(これは偶然直前のデータが残っていたのでやり直せました)

・テンペニータワー、グールと人間を和解させるルートでは後日、地下倉庫にいっぱいの死体が……出現するはずらしいのですが、ひとつも見当たらず。後でググったらこれは良くあるバグのひとつのようですが初見だったので全く意味がわかりませんでした。

・ダンジョン内で主人公が突然何も無いところに銃を乱射し始める。装備を外してみても何も無い空間に向かってひたすらパンチ。どうしても直らなかったので、そうなる前のデータをロード。

 


プレイ時間は現在までで170時間くらい。
飽きやすい私にしてはかなり長く遊んでいます。CSゲームでプレイ時間が100時間超えたのってひょっとしたらDQ11以来じゃないかな。
mothership zetaは恐らくそろそろ終盤ですが、「わたしなんのゲームしてたんだっけ……」状態になってきているので、早めにクリアしてあのクソッタレな灰色の荒廃世界に早く戻りたいです。笑

 

関連記事

nksz-game.com

nkszsims.hatenablog.com

(※↑別ブログ)