積みゲー崩しと備忘録のようなもの

ひたすらゲームの感想を残すブログ

リヴリーアイランド

f:id:nksz:20211021154828j:plain

ちょっぴりお久しぶりの更新です。

実はまたPCが故障してしまい、修理に出していました😔(現在は無事修理を終えて戻ってきました)。

まだ購入してから1年以内なのにな~……わたしの使い方が良くないのでしょうか。

 

さて、少し前からリヴリーアイランドを遊んでいます。

今回はちょっとしたゲーム紹介&現在までの感想です。

 

一言感想:ふわふわほのぼの幸せ空間

 

 

ゲームについて

・主人公……プレイヤーの分身。アバター
・会話や戦闘……なし(掲示板で他プレイヤーとの意思疎通は可能)。
・オンライン要素……あり。

 

『リヴリーアイランド』、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

『Livly Island(New Edition)』は2000年代前半~2019年まで女性を中心に大人気だったブラウザゲームのスマホアプリ版。

最初に開発・運営していた会社から別会社へ権利が譲渡され、かなり大幅にリメイクされているようです。

わたしは旧リヴリーアイランドを遊べていなかったので、旧リヴリーアイランドとの相違点についてはあまり詳しくありません。

 

f:id:nksz:20211021154831j:plain

f:id:nksz:20211021154835j:plain

f:id:nksz:20211021154825j:plain

操作は非常にシンプル。
飼っているリヴリーにエサ(昆虫)を与え、シャワーを浴びさせて、トイレを促します。
後は各研究員(飼い主)が持っている樹に水やりをしたり、樹に応じて実る果実を収穫したり、アバターを着替えさせたりしてのんびりと過ごします。

※最初にどのリヴリーを飼うか選ぶことが出来ますが、必要であればどのリヴリーもそのうち変身等で手に入れる事が出来ますのであまり真剣に悩む必要はありません。

 

絵柄は非常に可愛いものの、リヴリーたちのエサとなる昆虫は結構リアル。
なまじ自分が虫平気なせいで虫が苦手な方がどのレベルなら耐えられるのかわからないのが申し訳ないのですが、参考までに……

f:id:nksz:20211021161307j:plain

f:id:nksz:20211021161305j:plain

f:id:nksz:20211021161303j:plain

こんな感じの虫たちが数種類登場します。
人によってネックになるかな?と思うのはこのくらいで、現時点では他には特にショッキングな要素もありません。

 

かつてのリヴリーにはリヴリーの死という概念があり、敵性モンスターに襲われて命を落としたり世話を怠ると餓死をしたりという容赦のない終わりがあったようです。
このアプリ版の場合、現時点ではモンスターは出現しません。
また、チュートリアルで説明された言葉通りであるなら、お腹が空いたリヴリーは死んでしまうのではなく「家出をする」ように変更されているようです。
最近はた○ごっちも死なずに居なくなるよう仕様になっているようですし、お母さんお父さんからスマホを借りればゲームを遊ぶことが出来る小さい子でも安心して遊べるように配慮されているのかもしれませんね。

 

f:id:nksz:20211021162000j:plain

コインを貯めてガチャを回し、衣装や島を飾り付けるもよし。
樹に実る果実を使用して新たなリヴリーを生み出すための変身薬を作るもよし。

島の樹は最初に選ぶことが出来る樹以外基本的にガチャで当てなければならず、水やりや果実集めはひとりで遊んでいると気が遠くなるほど大変なので、このゲームに関しては絶対にフレンドさんを作った方が良いです。
待っていてもちらほら申請は来るようですが、たくさんフレンドさんが欲しい場合は手当たり次第に申請してみたり、公式が用意してくれている掲示板で募集を募ったりすると良いでしょう。

かつてリヴリーを遊んでいたという大人世代から、「なんか知らないけど可愛いからやってみよ~」という若者世代まで、色々な方が遊んでらっしゃいます。
どんなゲームにも言える事ですがオンラインゲームという特性上かなり色々な方が居ると思いますので、無理なく自分の楽しめる範囲でのんびり遊びましょう。

 

フレンドさんへのプレゼントはダブりしか送れない&送れるようになるレベルに制限があるようなので、そこだけはご注意ください。

 

感想

2000年代前半当時、リヴリーが流行り始めた頃のわたしはまだ子供で、その頃はメールアドレス(捨てアド不可)での登録が必須だった為にアドレスを持っていなかったわたしはリヴリーを飼育することが出来ませんでした。

(この記事を書くにあたって少し旧リヴリーについて調べ、2019年までサービスが続いていた事を初めて知りました。わたしのリヴリーに関する記憶は2000年代前半の子供時代で止まってしまっていましたが、かなり最近まであったんですね……!)

 

あれから随分年月が経ち、スマホアプリとして生まれ変わったリヴリー。

あの頃と違って随分良い歳をした大人になってしまったものの、誘惑に勝てずすぐにインストールしてしまいました。
当時、そしてサービス終了直前頃の“リヴリーアイランド”の空気がどんなものだったのかわたしにはわかりませんが、憧れだったリヴリーを今こうして自分のスマホで飼育できるというのはとても嬉しいです。

 

まだリリース直後なのでこれから新要素が増えてくる可能性もありますが、わたしはこのくらいのシンプルさが非常に有難いです。
人によっては色んなソシャゲを並行している人もいるでしょうし、やる事が少ないくらいの方が日々忙しい学生さんや大人でも長続きしそうな気がします。

 

ガチャ更新がかなり頻繁なので本当に好みなガチャが来た時だけ回すようにしています。

f:id:nksz:20211021161420j:plain

現在はリヴリー3匹+家出リヴリー1匹の面倒を見ている状態です。
ここのところどうも継続してスマホゲームを遊ぶことが難しくなってきているのでいつまで続けられるかちょっと微妙なところですが、スキマ時間に少しずつ様子を見に行きたいです。